スカイラインGTR(R33)画像 スポーツカー専門店MANABOONのイシケンです。今回は第2世代スカイラインGT-Rの中でも、一番不人気と言われているBCNR33の魅力や不満な点に迫りたいと思います。私は過去にBNR32、BNR34、ECR33を所有していました。唯一BNCR33だけ所有していないのですが、同じR33を所有した経験からその特有の価値観というのを体験しています。街乗りからサーキット走行までガンガン乗りました。これからスカイラインGT-R(R33型)を中古で購入しようと思っている方や、いつか買いたいと思っている方に参考になるような記事となります。そもそもスカイラインGT-R(R33)ってどんなスポーツカーだったのかも振り返りつつご紹介したいと思います。

スカイラインGT-R(R33型)とはどんなスポーツカーなのか

1995年から1998年まで発売されたBCNR33型スカイラインGT-Rは、R32型と比較すると車体が大きくなり、悪く言うとずんぐりむっくりという見た目になりました。これは、ベースモデルのR33型スカイラインの影響を受けてのことです。この時代、ユーザーからは室内の居住空間を拡大してほしいという要望が多くあり、それをメーカー側が汲み取ったことでR32型よりか肥大化しました。車両重量は、後期モデルの32Rと比較するとプラス30kgの1,530kg。前期モデルの32Rからはプラス100kgとなっています。 スカイラインGT-R(R33)画像 車両重量が増えてボディが肥大化した33Rですが、その一方で運動性能は格段に向上しました。当時、「マイナス21秒ロマン」としてTVCMにもなったキャッチコピーがあり、これはドイツのニュルブルクリンクで32Rよりか21秒速い7分59秒のタイムを記録したことから、それがTVCMのキャッチコピーとして使われたのです。ニュルブルクリンクで鍛えたこともあり、32Rからはボディ剛性が格段に向上している点と電子制御デバイスの進化がこの21秒マイナスに貢献したと思われます。特にリア周りのボディ剛性が格段に向上。そして、Vスペックに装備されるアクティブLSDとアテーサE-TSプロの制御により、トラクションも格段に向上。HICAS(ハンドルを切ると車速に応じてリアタイアを自動で操舵する仕組み)も32Rの油圧制御から電子制御へ変わり「スーパーHICAS」となり、これもトラクション向上と旋回性能の向上に寄与しました。 スカイラインGT-R(R33)画像 ブレーキキャリパーは、32RまではVスペックのみの装備であったブレンボが、33Rでは標準で装着されました。また、エンジン制御のCPUは8ビットから16ビットに向上し、各種制御系の適正化によって最大トルクは37.5kg・m(32Rは36.0kg・m)へとアップ。エンジン出力は、32Rの時で自主規制値いっぱいの280psだったためカタログ上は向上していませんが、より簡単に出力アップができる状態になったことは言うまでもありません。

R33GT-Rの不満は、今となっては魅力的?!

スカイラインGT-R(R33)画像 スカイラインGT-Rの中でも好き嫌いが別れる33Rですが、まずは一般論として好き嫌いが別れるポイントをご紹介します。

【好き】高速安定性が高く、室内空間も広い!!

スカイラインGT-R(R33)画像 第2世代GT-Rの中でも一番長いホイールベースを持つのが33GT-R。32Rと比較すると105mm拡大されています。34Rと比較すると55mm長いのです。このロングホイールベースのおかげで、高速域での安定性が抜群に高いです。高速道路で長距離移動される方や高速サーキットを走行される方にとっては魅力の一つです。また、ロングホイールベースのおかげで室内空間が広いのも魅力的。4人乗りのR33GT-Rですが、大人4人が普通に乗ることができます。子供がいらっしゃる方でも、33Rがあれば、一家に1台でも大丈夫です。

【好き】エアロパーツが似合う流線型ボディ

スカイラインGT-R(R33)画像 第2世代スカイラインGT-Rの中で、一番エアロパーツが似合うのが33Rです。各社からエアロパーツは販売されていますが、どのエアロパーツもGTカーを彷彿とさせるようなルックスになります。逆にノーマルのままだとGT-Rらしい威圧感がないと言うか、迫力に欠けるところがあります。33Rに乗るなら、自分好みのエアロパーツを装着して、オリジナルの1台を作るのを楽しめます。これから33Rを購入しようと思っている方のために、イシケンおすすめのエアロパーツを数点ご紹介します。

33GT-Rにおすすめのエアロパーツ

nismoのエアロパーツ。日産ワークスのニスモエアロパーツは、33R乗りの中でも高い評価を得ているパーツではないでしょうか。ルックスもかっこよく、それでいて空力や冷却を考えた作りがされています。 スカイラインGT-R(R33) ニスモエアロ画像 ニスモフロントアンダースポイラー:98,000円 ニスモサイドスカートセット:108,000円 ニスモリアバンパー:87,000円 詳細はこちらをご確認ください。 TOP SECRETのオリジナルエアロキット。こちらは、純正ラインを残しながらもインタークーラー開口部が大きく開くため威圧感が半端ないです。 スカイラインGT-R トップシークレットエアロ フロントバンパー:89,424円 サイドスカート:89,424円 リアバンパーガード:30,132円 ※現在、トップシークレットサイト上で商品情報を確認できません。

【嫌い】大きくて重くて軽快さに欠ける

33Rに乗ったら最初に感じるのが重さです。1,530kgの車重は今や重くはないですが、エンジン特性が高回転よりに設計されていることもあり、出だしがかなりもっさりしていると感じます。初期モデルの32Rと比較すると100kg増えていることもあり、街乗りでも体感するくらい出だしが鈍いです。サーキット走行をするとさらにその重さを感じます。タイトなコーナーではしっかりと減速して、曲がるのをじっと待って立ち上がりで一気にアクセル全開という操作になります。32Rだと、曲がるのを待つ時間が33Rと比較すると短いですね。

【嫌い】内装がスポーツカーではない

スカイラインGT-R(R33)内装画像 スカイラインがベースとなっているので仕方のないことですが、ノーマルではどう見てもスポーツカーの内装ではないです。運転していて一番目につくところでもあるため、外装以上に内装への不満は大きいのではないでしょうか。まずノーマルで購入された方ならわかりますが、ステアリングがかっこ悪いです。ミドルセダンのステアリングですね。そしてオーディオデッキ周りやメーター周りもR32の時のような洗練された感じはないです。GT-Rは3連メーターが付いているのでまだレーシーな感じはありますが、それでも物足りないです。追加メーターは必須ですね!

R33GT-Rでもメンテナンス費用はそれなりに覚悟が必要。そんな33Rの維持費は?

スカイラインGT-R(R33)画像 1995年から1998年まで発売していたR33GT-R。一番古いモデルで21年落ちです。32R同様に旧車の域に入っています。32Rから対策された部品は数多くありますが、定期的なメンテナンスは必須です。購入前からある程度の維持費&メンテナンス費用をイメージして、月々の支払いプランを考えておくことが大事です。

33GT-Rの基本的な維持費

車を持つと必ず発生する費用があります。自動車税、自動車重量税、自賠責保険と任意保険。それ以外に駐車場代やガソリン代が固定で発生します。ローンで購入した方はその支払いが毎月追加されてきます。ローンは除いたとして、ざっと固定で発生するスカイラインGT-R(R33)の維持費を算出してみました。

R33GT-Rを所有するとかかる費用について

自動車税:58,600円(1年1回) 自動車重量税:50,400円(2年1回) 自賠責保険:25,830円(2年1回) 自動車保険:59,520円(1年1回) 駐車場代:10,000円(毎月) ガソリン代:19,444円(毎月) ※ 自動車税は新車登録から13年経過している為、標準税額よりか15%増 ※ 自動車重量税は新車登録から18年経過している為、標準税額よりか割増 ※ 自動車保険の算出条件は、年齢30歳、免許の色ブルー、6E等級、本人限定、30歳以上補償、年間走行距離11,000km以下、主に家庭用、対物対人無制限、人身傷害3,000万、他車運転特約ありとなります。 ※ ガソリン代は、年間10,000km走行、リッター6km、ハイオクガソリンリッター140円で計算しています。 ※ 自動車重量税と自賠責保険料は、車検の時に支払います。 ※ 条件が異なると金額は変わります。参考までにご覧ください。

中古車購入後に覚悟しておくメンテナンス項目

スカイラインGT-Rメンテナンス交換画像 維持費の中でも突発的に発生するトラブル系の費用がGT-Rに乗っていると頭を悩ませます。ただ、長く乗り続けるためには重要な要素です。なぜなら、突発的に費用が発生するということを繰り返すと、この車はお金がかかってどうしようもない。安心して乗れないなどと不満が大きくなってきます。行き着く先は手放そうということになってしまいます。壊れた状態で売却しようにもいい値段が付くことはありません。そんな状況になってしまったらGT-Rが嫌いになってしまいますよね。このような思いをしないためにも、中古車購入時からメンテナンス費用はある程度覚悟してください。月々メンテナンス貯金するくらいの余裕を持ってR33GT-Rを所有することをおすすめします。 それでは、R33GT-Rのメンテナンスが必要になる項目について代表的なポイントをご紹介したいと思います。

中古購入時にチェックしておく項目と購入後のメンテナンス項目

・イグニッションコイル(部品代:12,100円×6個 工賃:8,000円) ・点火ハーネス(部品代:14,600円 工賃:5,000円) ・O2センサー(部品代:前49,100円 後49,100円 工賃:各6,000円) ・AACバルブ(部品代:46,390円 工賃:5,000円) ・エアフロセンサー(部品代:38,500円×2個 工賃:8,000円) ・ファン/エアコン/パワステベルト(部品代:6,680円 工賃:5,000円) ・タイミングベルト関連&ウィーターポンプ・ラジエターホース(部品代:40,730円 工賃:45,000円) ・燃料ポンプ(部品代:43,700円 工賃:10,000円) ・インジェクターOリング(部品代:4,620円 工賃:12,000円) ・セルモーター(リビルト部品代:17,400円 工賃:15,000) ・パワステポンプ(リビルト部品代:9,500円 工賃:15,000円) ※部品代、工賃は税抜き表示となります。 ここであげた部位は、トラブルが出やすいパーツで且つトラブルが出ると走行できなくなるパーツになります。これらのパーツは購入時に交換履歴が確認できないようでしたら、状態を見た上で直近で交換された形跡がないようであればメンテナンスリストに入れておきましょう!!

スカイラインGT-R(R33型)の中古車相場

R33GTーRは中古車価格と程度のバランスがとても良い車です。R32GT-Rはプレミア価格となり、R33GT-Rよりも高い車がほとんどです。それでいながら壊れるリスクは多く、メンテナンス費用がかさみます。R34GT-Rはメンテナンス費用は32ほどではないものの、価格が高騰しており、今やR35GT-Rと同じくらいの中古車価格になってきています。そのような中で、R33GT-Rは状態と価格のバランスがうまく取れた車になるのです。

1995年〜1997年1月までの前期・中期モデル

■ベースグレードの走行距離別の中古車相場

〜50,000km:370万円〜 50,000km〜100,000km:300万円〜 100,000km〜:170万円〜240万円

■Vスペックの走行距離別の中古車相場

〜50,000km:359万円〜550万円 50,000km〜100,000km:230万円〜300万円 100,000km〜:140万円〜230万円

1997年2月〜の後期モデル

■ベースグレードの走行距離別の中古車相場

〜50,000km:330万円〜550万円 50,000km〜100,000km:180万円〜300万円 100,000km〜:150万円〜300万円

■Vスペックの走行距離別の中古車相場

〜50,000km:480万円〜600万円 50,000km〜100,000km:230万円〜 100,000km〜:200万円〜 ※2017年4月現在の中古車媒体に掲載されている価格を元にしています。 ※修復歴の有無は反映されておりません。

まとめ

新車で発売された当初は、大きくなりすぎたボディと流線型のボテっとした印象のR33GT-Rに不満を持つ方も多かったです。もちろん今でもR32やR34GT-Rの人気は絶大です。ただ、33Rにしかない魅力もあります。これから中古でGT-Rを購入しようと思っている方は、予算とそれぞれ第2世代GT-Rの良し悪しを理解した上で検討して見てはいかがでしょうか。 R32GT-Rの魅力についてはこちらの記事を参考にしてください。

特別付録 R33GT-Rのモデル紹介(発売時期・価格など)

ベースモデル

発売開始:1995年1月6日 価格:478.5万円 10モード/10・15モード燃費:8.1km/L 排気量:2,568cc エンジン出力:280ps エンジントルク:37.5kg・m 車両重量:1,530kg

GT-R Vスペック

R32まではVスペックのみのブレンボ社製対向4ポッドブレーキキャリパーがベースモデルのGT-Rで標準で装備されたため、Vスペックは電子デバイス面でのトラクション性能強化を図っています。専用装備として、リアLSDにGセンサーや舵角センサー、スロットルセンサーなどの電子データに基づいて駆動配分を変化させるアクティブLSDを採用。それに伴い、専用にチューニングされた電子制御トルクスプリット4WDシステムであるアテーサE-TS PROも装備されました。 メーター内にもアクティブLSD(A-LSD)の警告灯ランプが装備されています。 発売開始:1995年1月6日 価格:529万円 10モード/10・15モード燃費:8.1km/L 排気量:2,568cc エンジン出力:280ps エンジントルク:37.5kg・m 車両重量:1,540kg

GT-R VスペックN1

R32同様に現在のスーパー耐久レースである、N1耐久レースへ参戦するために設計されたベースモデルです。Vスペックからの主な変更点は以下になります。 ・セラミックタービンをメタルタービンに変更 ・N1専用ピストン ・N1専用ウォーターポンプ ・空冷オイルクーラー ・コンロッドベアリングの材質を変更 ・カムプロフィールを変更 ・N1専用バンパー ・N1専用スポイラー 価格:599万円 10モード/10・15モード燃費:8.1km/L 排気量:2,568cc エンジン出力:280ps エンジントルク:37.5kg・m 車両重量:不明

GT-R中期モデル

安全装備の基準を向上させることを目的に、助手席にもSRSエアバッグが標準装備となりました。また、不評であった純正ステアリングの意匠も変更され、よりすっきりとしたスタイルへと変更。オーディオ周りのインパネ材質も変わり、より質感が高まりました。 外観の変更はリヤガーニッシュのみです。前期型はフラットな面にSKYLINEの浮き出し文字に対し、曲面のガーニッシュに変更されました。 Vスペックも同様の変更が加えられました。 発売開始:1996年1月22日 価格:484.5万円(Vスペックは535万) 10モード/10・15モード燃費:8.1km/L 排気量:2,568cc エンジン出力:280ps エンジントルク:37.5kg・m 車両重量:1,530kg

GT-R LMリミテッドモデル

世界3大耐久レースの一つである、「ル・マン24時間レース』」への参戦を記念して発売されたモデルです。専用のボディカラーが与えられ、チャンピオンブルーで塗装されました。エクステリアでは、角度調整機能付きカーボンセンターリヤスポイラー、エアインテークを2つ設けたフロントバンパー、フードトップモールも装備し、より冷却性能を向上させたモデルとなりました。約2ヶ月という短期間で限定発売されたモデルで、販売台数は98台と言われています。 発売開始:1996年5月21日 価格:499.8万円(Vスペックは550.3万) 10モード/10・15モード燃費:8.1km/L 排気量:2,568cc エンジン出力:280ps エンジントルク:37.5kg・m 車両重量:1,530kg

GT-R後期モデル

R33GT-Rの中でもビッグマイナーチェンジが行われたのがこのタイミングでした。外装ではヘッドライトにプロジェクタータイプのキセノンヘッドライトを採用。フロントバンパーを大型化し、リップ部分を20mmフロントに延長して冷却効果とダウンフォースが増えました。また、フロントバンパーには全車、N1仕様と同じエアインテークも追加されました。リア周りでは、右側のバックランプをリヤフォグランプに変更されました。 また、このマイナーチェンジでシャーシ面も変更。リヤサスペンションメンバーの取り付け部にリヤフロアステーを追加し、車体剛性を高め、操縦安定性の向上を図理ました。ABSのアクチュエーターは小型化して軽量化するとともに、制御のチューニングも行い、旋回制動時の安定性が高められています。 その他細かいところでは、フロントのドアガラスにロングライフ撥水ガラスが採用されました。 発売開始:1997年2月3日 価格:488.5万円(Vスペックは539万) 10モード/10・15モード燃費:8.1km/L 排気量:2,568cc エンジン出力:280ps エンジントルク:37.5kg・m 車両重量:1,530kg

スカイラインGT-Rオーテックバージョン 40th ANNIVERSARY

第2世代GT-Rの中でも唯一の4ドアGT-Rとして発売されたのがこのオーテックバージョン40th ANNIVERSARYでした。スカイラインの生誕40周年を記念したモデルとして発売され、生産台数は442台となっています。2ドアGT-Rのフロアをベースとして、4ドアにするためにリアフェンダーやドアなどに専用品を新たに開発、ただの4ドアスカイラインにRB26DETTを載せただけではないのです。アテーサE-TSなど駆動系からシャーシまで何もかもGT-Rそのものでした。 発売開始:1997年12月8日 価格:498.5万円

スポーツカー在庫一覧

中古車一覧

LINEでスポーツカー買取査定

LINE査定 画像 LINE@の友達からスタート!! ※MANABOONのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。
友だち追加

スカイラインGT-R(R33)の買取・査定のご依頼はこちら

GT-Rを高く売るための買取査定のノウハウはこちら

MANABOON店舗情報

スポーツカー専門店 MANABOON 042-767-3331 / 042-767-3332 contact@manaboon.co.jp 〒252-0325 神奈川県相模原市南区新磯野2186-2